ニコッ ハローハローご予約は0853-25-8686
いしだ矯正・こども歯科は、矯正歯科認定医と小児歯科専門医が診療する島根県出雲市の矯正歯科・小児歯科医院です。男性医師だけでなく女性医師も常駐していますので、小さいお子様から成人の方まで安心してお越しください。

矯正装置の種類について

症状や年齢で装置が変わります

可徹式:ご自分で取り外しが可能です。毎日使用することで治療効果が得られます。
固定式:ご自分で取り外しは出来ません。

歳~混合歯列期に用いる主な装置

ムーシールド

受け口(反対咬合)の方に多く使用します。

 

ムーシールド
  • 可徹式:就寝時+α使用
  • 装置作製のための型取りは、必要ありません。
  • 受け口(反対咬合)の方に多く使用します。
  • 機能的原因(低位舌・上口唇の過緊張)を取り除くことにより、状態の改善を促します。

歳~混合歯列期に用いる主な装置

バイオネーター

出っ歯(下顎の後退が原因の上顎前突)の方に多く使用します。

 

バイオネーター
  • 可徹式:就寝時+α使用
  • 装置作製のための型取りが、必要です。
  • 出っ歯(下顎の後退が原因の上顎前突)の方に多く使用しま す。
  • 後退している下顎骨を前方へ成長誘導することにより、状態の改善を促します。

上顎前方牽引装置

受け口(上顎骨の後退が原因の反対咬合)の方に多く使用します。

 

上顎前方牽引装置
  • 可徹式:就寝時+α使用
  • 装置作製のための型取りは、必要ありません。
  • 受け口(上顎骨の後退が原因の反対咬合)の方に多く使用します。
  • クワドヘリックスやセクショナルブラケット装置などの装置と併用します。

チンキャップ(オトガイ帽装置)

受け口(下顎骨の前方位が原因の反対咬合)の方に多く使用します。

 

チンキャップ(オトガイ帽装置)
  • 可徹式:就寝時+α使用
  • 装置作製のための型取りは、必要ありません。
  • 受け口(下顎骨の前方位が原因の反対咬合)の方に多く使用します。
  • 下顎骨の成長を抑制することにより、状態の改善を促します。

セクショナルブラケット装置

前歯にデコボコがある方に多く使用します。

 

セクショナルブラケット装置
  • 固定式
  • 装置作製のための型取りは、必要ありません。
  • 前歯にデコボコがある方に多く使用します。
  • 前歯一本一本にそれぞれ力を加え、歯を移動させ、状態の改善を促します。
  • セクショナルブラケット装置のブラケットは白色のプラスチックブラケットを使用しているため、目立ちにくいです。

リンガルアーチ

前歯が1~2本デコボコしている方に多く使用します。

 

リンガルアーチ
  • 固定式
  • 装置作製のための型取りが、必要です。
  • 前歯が1~2本デコボコしている方に多く使用します。
  • 前歯一本一本にそれぞれ力を加え、歯を移動させ、状態の改善を促します。

クワドヘリックス

上顎の幅が狭い方に多く使用します。

 

クワドヘリックス
  • 固定式
  • 装置作製のための型取りが、必要です。
  • 上顎の幅が狭い方に多く使用します。
  • 上顎の裏側から、外に広がる力を加えることにより、状態の改善を促します。

急速拡大装置

上顎の幅が特に狭い方に多く使用します。

 

急速拡大装置
  • 固定式
  • 装置作製のための型取りが、必要です。
  • 上顎の幅が特に狭い方に多く使用します。
  • 特に骨に力を加え、上顎骨の拡大をはかり、状態の改善を促します。

12歳~永久歯列期に用いる主な装置

マルチブラケット矯正装置

歯一本一本にそれぞれ力を加え、歯を移動させ、状態の改善を促します。

 

マルチブラケット矯正装置
  • 固定式

マルチブラケット矯正装置A)(表側)装置作製のための型取りは、必要ありません。

①ノーマル(オプションの料金がかからない時の装置)
前歯は、白のプラスチックブラケットを使用しているため、装置(ブラケット)が目立ちにくいです。
側方歯は、薄くて小さいメタルブラケットを使用することにより、装着感の向上に努めています。

マルチブラケット矯正装置②透明ブラケット
大臼歯以外の歯に透明感の高いブラケットを使用します。
白のプラスチックブラケットより目立ちにくいのが特徴です。また、飲食による色素沈着がほとんどありません。

マルチブラケット矯正装置③セラミックブラケット
大臼歯以外の歯にセラミックブラケットを使用します。歯の色に近い乳白色のブラケットのため、とても目立ちにくいです。

マルチブラケット矯正装置④メタルブラケット
全ての歯にメタルブラケットを使用します。以前のメタルブラケットと比べて、薄くて小さいものを使用するため、装着感が良好です。

マルチブラケット矯正装置B)(裏側)装置作製のための型取りが、必要です。

①ハーフリンガルブラケット
上顎は裏側、下顎は表側にブラケットを装着します。
笑った時に下の歯があまり見えない方におすすめです。上の歯の裏側にブラケットが装着されるため、装置が見えづらいですが、装置が舌にぶつかりやすいため違和感があるというデメリットもあります。

マルチブラケット矯正装置②フルリンガルブラケット
上下顎ともに裏側にブラケットを装着します。 裏側に装置を装着するため、周囲の人に気づかれることは少ないです。裏側につく装置が多くなるため、ハーフリンガルより違和感が強くなります。

マウスピース型矯正装置

透明なポリウレタン製のアライナーというマウスピースを使用します。

 

マウスピース型矯正装置
  • 可徹式:一日中(一日、20~22時間の使用が必要)
  • 装置作製のための型取りが、必要です。
  • 透明なポリウレタン製のアライナーというマウスピースを使用します。装置が透明なため、ほとんど目立ちません。2週間ごとにマウスピースを交換し、継続使用する必要があります。ブラケットのような違物感は、ほとんどありません。食事や歯磨き時には、装置をはずします。

トランスパラタルアーチ(加強固定装置)

上顎の奥歯(大臼歯)をコントロールする装置です。

 

トランスパラタルアーチ(加強固定装置)
  • 固定式
  • 装置作製のための型取りが、必要です。
  • 上顎の奥歯(大臼歯)をコントロールする装置です。
  • 特に抜歯ケースに用いられ、奥歯が手前に移動するのを防止する役割があります。

アンカースクリュー(加強固定装置)

歯茎にアンカースクリュー(小さなネジ)を植立し、それから歯に力を加えます。

リテーナー(保定装置)

動かした歯が元に戻らないように、リテーナーを使用します。

 

リテーナー(保定装置)
  • 可徹式
  • 装置作製のための型取りが、必要です。
  • 動かした歯が元に戻らないように、リテーナーを使用します。
  • 歯を動かした後、歯の周囲の骨はやわらかい状態となっており、歯が簡単に元の位置へ戻ろうとします。
  • 時間が経過すると共に骨は硬くなりますが、その間はリテーナーを使用して、歯と骨が良い位置で安定するのを目指します。