ニコッ ハローハローご予約は0853-25-8686
いしだ矯正・こども歯科は、矯正歯科認定医と小児歯科専門医が診療する島根県出雲市の矯正歯科・小児歯科医院です。男性医師だけでなく女性医師も常駐していますので、小さいお子様から成人の方まで安心してお越しください。

虫歯の治療

早めの治療が大切です

乳歯は永久歯と比べて、虫歯になりやすく、進行も早いです。『乳歯はいずれ永久歯に生え変わるから治療をしなくてもいい』と勘違いして、乳歯の虫歯をそのまま放置しておくと、永久歯に悪影響を与えます。

  • 永久歯の質や形が悪くなったり、虫歯になりやすかったりする。
  • 永久歯の歯並びが悪くなる可能性がある
  • 発音障害がでてくる可能性がある
  • 虫歯を痛がって、食事を嫌がる
  • 痛い歯では噛まず、痛くない側だけを使って食事をするなどの悪習癖が生じ、あごや顔、体全体が歪むなどの悪影響がでる。

したがって、乳歯の虫歯は放置せず、早めに治療をしましょう。(初期の虫歯ほど、治療は簡単にすみます)

当院での虫歯治療

痛みの少ない治療
 

痛みの少ない治療

 当医院では、痛みが苦手な方に配慮をした治療を行っています。麻酔を使用した治療を行う際、麻酔自体の痛みを軽減するために表面麻酔を使います。注射器は自動的に麻酔液が注入できる電動の物を使用します。麻酔液を注射する際、手動は患者様に圧力がかかり痛みを感じることがありますが、電動麻酔注射器は自動でゆっくりと痛みがないように注入できます。また、使用する針も刺す時の痛みが最小限で済むように、現在の歯科医療で使用される針の中でももっとも細い針を使っています。痛くないの!?

ダイアグノデント
 

ダイアグノデントペン

 当院では、ダイアグノデントペンというレーザー光の反応を用いて虫歯の進行度を判定する機器を導入しております。ダイアグノデントペンを使用することにより、見えない虫歯の早期発見が可能になります。また、発見するだけではなく、虫歯の進行度合いを数値で表し、治療の必要性の有無なども容易に判断することが出来るため、必要以上に歯を削らない治療を実現します。
  従来の診断では先のとがった探針で触っていましたが、初期の虫歯などは引っ掻きすぎると歯質を破壊し、自然治癒力を妨害し、壊れた歯質からプラーク(歯垢)を歯の奥に送り込んでしまうことで虫歯が広がる場合もありました。ダイアグノデントペンによる検査はレーザー光を歯にあてるだけなので、歯を傷つけることなく、痛みもなく短時間で結果がでます。

ラバーダム


ラバーダム

 お子様には「ゴムのマスク」と説明しています。治療する歯以外はゴムのシートで覆われているため、お子様が治療中に急に動いても、舌、頬、歯茎などを傷つける心配がありません。治療の際に出る水がお口の中に溜まらないので、水を飲み込んだりする事もありません。唾液をシャットアウトするので、唾液中の細菌の混入を防ぎ、清潔に処置ができるので、詰め物の脱落などを防ぐことができます。ラバーダムを装着する際に歯の締め付け感がありますが、1~2分で緩和してきます。